墓地を見学する際の注意点
タイミング

墓地を見学する際の注意点

お墓はお寺の敷地に建っているイメージがありますが、霊園という選択肢もあります。
お寺の場合は宗教が限られるので、宗教が違う場合はお墓を建てる事ができません。
こういう場合は宗教不問の霊園を選べば安心です。
霊園は見学ができますから、事前に必ず見学をしておきましょう。
見学時の注意点を紹介します。

宗教不問の霊園を選べば、宗教に関係なくお墓を建てる事ができます。
ただし霊園ならどこでもいいというわけにはいきません。
お墓を建てたら定期的にお墓参りに行きますし、普段の管理は霊園に任せる事になるので管理費や管理体制もチェックしておく必要があります。

霊園により価格は大きく異なります。
永代使用料、墓石代、管理費など必要経費はきちんとチェックしておきましょう。
霊園内の設備は整っている方が便利ですが、過剰なまでの設備は管理費が高くなります。
管理費に見合った管理をしているかどうかもチェックポイントです。
雰囲気の良い霊園でも、場所により日当たりが悪く暗い場所はありますから、場所のチェックも忘れずにしておきましょう。

自宅から霊園までの距離や交通アクセスは重要です。
最低でも年に数回はお墓参りに行きますから、その度に往復で1日かかってしまうようでは通うのが大変です。
電車やバスの場合は、最寄駅から霊園までの移動手段が確保できる事も大切です。
霊園からの送迎バスがあると便利です。

車で行ける距離なら問題ないように思えますが、意外と多いのが駐車場のスペース不足です。
シーズンには車で行く人も多くなるため、駐車場の空き待ちをするだけでも何時間かかるかわかりません。
路駐は近隣の人の迷惑になりますし、違反するのも問題です。

最近は霊園の数も増えていますが、それ以上に利用者が増えているため空きがない霊園もあります。
条件に合っていても空きがなければ入れませんから、場所選びも重要です。
ここ数年で生前建墓をする人も増えていますので、場所の確保は早いほうがいいかもしれません。