お墓の重要性
タイミング

お墓の重要性

人は亡くなったら家のお墓に入るというのが一般的ですが、法律上では必ずしもお墓に入らなければいけないという事はありません。
日本では火葬されますが、火葬をすれば遺骨を自宅に置いておく事もできます。

お墓を建てるにもスペースの確保が必要ですし、それなりにお金が掛かりますから、経済的な事情で建てられない人もいます。
しかしいつまでも家に遺骨を置いておくというわけにも行きませんし、宗教は関係ないとしても亡くなった人を供養するという意味でも、お墓は必要とされています。

今は個々でお墓を建てなくても、永代供養といって合同で遺骨を安置し、供養をしてもらえる形も増えています。
後継者が居てもあえて、家族に迷惑をかけたくないという理由から、永代供養を選ぶ人も増えています。

単に亡くなった人を供養するだけではなく、残された家族がお墓参りをします。
普段は遠く離れて暮らす家族が、集まり故人の話をするなどのきっかけにもなります。
家族が集まり故人の話をするのもある意味では供養です。
こういう意味でもお墓参りは重要であり、必要性はあると考えられます。

生きている間は家に住みますが、亡くなったらお墓が終の棲家になります。
自分が死んでも入る場所があるというのは安心につながると言いますから、こういう意味でも重要なのでしょう。

絶対になくてはならないものという事はありませんが、やはりお墓があるのとないのとでは気持ちも変わってきます。
後継者がいない場合は、永代供養という選択肢もあります。
昔に比べて選択肢は植えていますから、何らかの形で選ぶ事も大切です。

お墓に関しての考え方も人それぞれですが、今は選択肢も増えていますから、自分らしいお墓を選べるようになっています。
家族や子供に負担をかけたくないという理由から、今は永代供養を希望する人も増えています。
どのような形であるにせよ、第二の家となるお墓は必要だと考える人が多いのです。
もう一度重要性について考えてみてはいかがでしょうか。