合同墓地とは
タイミング

合同墓地とは

お墓というのは本来、その家の者が代々受け継ぎ守っていきますが、現在は少子化問題などもあって、お墓があっても後継者がいない、もしくは後継者がいないのでお墓が立てられないという人も増えています。
また後継者は居るものの経済的に負担をかけたくないなどの理由で、簡単にお墓を立てられないというケースもあります。

様々な事情はありますが、こういう時は合同墓地を選ぶ事で問題が解決する事もあります。
合同というのはその名からも想像できるように、個々ではなく大勢の人のお骨を同じ場所に安置する形のお墓です。
石や供養塔も建てませんから費用はかなり抑えられますし、家族への負担も軽減できます。

合同墓地のほとんどはお寺や寺院にありますが、永代供養となるため初期費用を支払えば、その後管理費や年会費なども一切かかりません。
1人暮らしの人や、子供がいない夫婦なども増えている事から、将来の事を考えて生きている間に申し込みをする人も増えています。

合同墓地にもいくつかのスタイルがあるので、例えば夫婦で同じところに入りたいという場合は、個別で安置してもらう事もできます。
この場合若干費用は高くなりますが、夫婦一緒にお骨を安置でき、供養もしてもらえるから安心です。

費用は寺院による違いもありますが、大体30万円~50万円でできます。
夫婦個別でも50万円前後ですから、墓石を建てるスタイルに比べて安く済みますし、子供がいない夫婦でも供養はしてもらえます。
もちろん子供が居ても負担をかけたくないと考える人は、選択肢の一つになります。
共同墓地という呼び方もありますが、内容は同じです。

生活スタイルの多様化により、今はお墓事情も多様化しています。
一般的な形ではなく、合同墓地を選ぶ人が増えているのも事実です。
理由も人により違いますが、家族に迷惑や負担をかけたくない、後継者が居ないという人も安心です。
合同でも定期的な供養はしてもらえますから、決して粗末に扱われるわけではありません。